MEスタッフ公式ブログ

(株)マーケティング・エッセンシャルズのスタッフによる公式ブログです。制作現場でのあんな話やこんな話、お役に立ちそうなマーケティングのプチ情報、仕事中の珍事件(?)など、なかなかホームページには書けない私たちの裏側をお伝えします!

デザインって奥が深いんです。

執筆者:江口侑花

こんにちは。

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ、デザイナーの江口です。

 

マーケティング・エッセンシャルズの一員になってから2年が経とうとしている私ですが、

今回はデザインについて改めて感じたことをお話したいと思います。

f:id:ME20170808:20210325160931j:plain

デザインって広い

デザイナーなのに「まだそんなことを?」と思われるかもしれませんね。

ですが、私からしてみれば大きな発見なのです。

 

どんな表現をしたら伝わるデザインになるのかな。

どうしたら「お客様のお客様」まで届けることができるのかな。

 

色々なことを考えながらデザインをしています。

 

いつもデザインの勉強として、チラシやWebサイトのデザインを参考にしています。

これまでにチラシや小冊子、Webサイトのデザインなど幅広くデザインをさせていただいていました。

 

でも、デザインはそれらだけではないことに気がつきました。

 

「新聞もデザインなんだ」

ふと、そう思いました。

 

普段私は新聞を読みません。

というか、ほとんど読んだことがないです。

 

間に挟んで一緒に送られてくるチラシをデザインの勉強として眺めることはありますが、

新聞そのものをきちんと見たことはありませんでした。

 

でも、あることがきっかけで新聞を見てみようと思いました。

 

それは、「毎日新聞」にマーケティング・エッセンシャルズの広告を載せていただけることになったからです。

 

掲載された広告がこちらです。

f:id:ME20170808:20210325161004j:plain

そこで、しっかり新聞を見てみるとテキストの組み方や見出しの大きさなど、全てが計算しつくされていることに気がつきました。

普段新聞を読まれる方にとっては当たり前だと思いますが、情報量が多いのに読みやすく綺麗にまとまっているので「すごいな……」と感じました。

 

制作する中でモノクロであり新聞だからこそ、印刷されてみないとわからないこともありました。

 

それは……

 

ページの一部をお借りする形になるので、

 

・新聞全体で見たときのテキストサイズのバランスは取れているか?

・色の濃淡は他の記事の見出しと比べて薄すぎないか?

 

ということです。

 

カラーの制作物とはまた違った難しさがありましたが、更に自分のデザインの幅が広がって嬉しくなりました。

 

どんなことでもまずはチャレンジ

広告掲載のお話を伺った時は初めてということもあり、うまくデザインできるかわからないと、少し不安な気持ちがありました。

 

でも、どんなことでもまずはやってみることが大事なんだと改めて気づかされました。

 

人間はどんどん成長していける生き物です。

これから自分に制限をかけずに成長していきます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。