MEスタッフ公式ブログ

(株)マーケティング・エッセンシャルズのスタッフによる公式ブログです。制作現場でのあんな話やこんな話、お役に立ちそうなマーケティングのプチ情報、仕事中の珍事件(?)など、なかなかホームページには書けない私たちの裏側をお伝えします!

【中島流】ファシリテーションのポイント

執筆者:中島正博

f:id:ME20170808:20210325162105j:plain

はじめまして。

マーケター/コピーライターの中島正博です。

お客様向けにはこのように名乗っていますが、

社内では会議のファシリテーションや

さまざまな論点整理・企画書作成をしています。

ファシリテーションって、なに? 

f:id:ME20170808:20210325162136j:plain

「ファシリテーション」というと、

どんなイメージを持ちますか?

会議の進行役とか、司会でしょうか?

Wikipediaで調べてみると、、、

 

『ファシリテーション(英: facilitation)は、会議等の場で、発言や参加を促したり、話の流れを整理したり、参加者の認識の一致を確認したりする行為で介入し、合意形成や相互理解をサポートすることにより、組織や参加者の活性化、協働を促進させるリーダーの持つ能力のひとつ。

 

と説明されています。

 

、、、。

 

なんだか、わかりにくいですね、、、。

 

大事なところだけ抜き出してみますと、

 

「会議等の場で(中略)

合意形成や相互理解をサポート(中略)

組織や参加者の活性化、協働を促進させる」

 

ここだけみれば、わかりやすいですね。

つまり、メンバー同士の意見をまとめたり

相互理解を深めることで、

チームワークを促進するということです。

多くの組織には、ファシリテーターが足りない

f:id:ME20170808:20210325162229j:plain

ほとんどの組織には、「リーダー」や「マネージャー」はいます。

しかし、「ファシリテーター」はいません。

なぜでしょうか。

 

それは、今までのチーム理論が

「リーダーが決めた目標をメンバーみんなで達成する」

「マネージャーが管理し、メンバーがそれに従う」

という、上意下達型のイメージだったからです。

しかし、それだと多様なメンバーの個性が生かされないですね。

 

実は、マーケティング・エッセンシャルズは、

多様なキャリアを持ったメンバーが集まる

かなりフラットな会社なのです。

そのメンバーの持ち味を発揮するためには、

ファシリテーションで意見をまとめたり、

お互いの考えを理解する仕組みが必要なのです。

 

別に僕が、ファシリテーションの達人なわけではないですが、

その大切なお役目を私が担うことが多いです。

(少しずつ、他の人にもファシリテーションを

任せるようにしていますが)

ファシリテーターに必要な、たった一つのこと

f:id:ME20170808:20210325162307j:plain

もしこの記事を読んでいるあなたが、

「自分の会社にはファシリテーションが足りないな」

と思い、ご自身もしくは誰かに

ファシリテーターを任せるとしたら、

「これだけは大切にして欲しい」、ということがあります。

それは、

 

「ファシリテーターは無条件にメンバーを信じること」

 

です。

 

新しい会議やMTGを立ち上げた時、

大抵は最初はうまくいきません。

自分の思い通りの進行もできないし、

メンバーも自分の期待した通りに動かない。

 

でもそれを、メンバーのせいにしないでください。

 

メンバーに、会議やMTGの意味や役割を理解させること。

発言を促し、正直なコミュニケーションを促すこと。

会議やMTGの内容をその後のチームワークに反映し、

成果に結びつけること。

場合によっては、そのための協力を外部に要請すること。

これらは全てファシリテーターの仕事です。

 

「あの人は、会議に非協力的だ」

「なんであの場で発言せずに、あとで個別にグチグチいうんだ」

 

そんな風に思わないでください。

そうさせているのは、ファシリテーターの未熟さなのです。

 

自分がいい仕事をすれば、全てのメンバーが

会議に積極的に参加し、発言し、

素晴らしいチームワークを発揮してくれるはず。

そう思わないと、ファシリテーションなんてできない。

 

「今すぐできなくてもいい、

いつかきっと発言してくれる。

それまで諦めずに、発言しやすい雰囲気を作ろう。」

 

僕はそう信じて、ファシリテーションをしています。

人間が相手ですから、長期戦は覚悟です。

さいごに

f:id:ME20170808:20210325162344j:plain

お客様にいいサービスを提供するには、

仕組みやスキルはもちろんのことですが、

社内のチームワークもとても大切です。

 

気軽に相談し、アイディアを出し、

相互に承認し、信頼し、協力できなければ、

お客様へのアウトプットが低下してしまいます。

 

ファシリテーターができることは、

会社のパフォーマンス改善のほんの一部ではありますが、

私たちが少しでも良いチームになり、

お客様へのさらなる貢献や価値提供ができたらと思います。

 

同様に、この記事を読まれているあなたに、

この記事を通してファシリテーションの大切さを知っていただき、

ビジネスの改善に繋げていただければ幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

デザインって奥が深いんです。

執筆者:江口侑花

こんにちは。

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ、デザイナーの江口です。

 

マーケティング・エッセンシャルズの一員になってから2年が経とうとしている私ですが、

今回はデザインについて改めて感じたことをお話したいと思います。

f:id:ME20170808:20210325160931j:plain

デザインって広い

デザイナーなのに「まだそんなことを?」と思われるかもしれませんね。

ですが、私からしてみれば大きな発見なのです。

 

どんな表現をしたら伝わるデザインになるのかな。

どうしたら「お客様のお客様」まで届けることができるのかな。

 

色々なことを考えながらデザインをしています。

 

いつもデザインの勉強として、チラシやWebサイトのデザインを参考にしています。

これまでにチラシや小冊子、Webサイトのデザインなど幅広くデザインをさせていただいていました。

 

でも、デザインはそれらだけではないことに気がつきました。

 

「新聞もデザインなんだ」

ふと、そう思いました。

 

普段私は新聞を読みません。

というか、ほとんど読んだことがないです。

 

間に挟んで一緒に送られてくるチラシをデザインの勉強として眺めることはありますが、

新聞そのものをきちんと見たことはありませんでした。

 

でも、あることがきっかけで新聞を見てみようと思いました。

 

それは、「毎日新聞」にマーケティング・エッセンシャルズの広告を載せていただけることになったからです。

 

掲載された広告がこちらです。

f:id:ME20170808:20210325161004j:plain

そこで、しっかり新聞を見てみるとテキストの組み方や見出しの大きさなど、全てが計算しつくされていることに気がつきました。

普段新聞を読まれる方にとっては当たり前だと思いますが、情報量が多いのに読みやすく綺麗にまとまっているので「すごいな……」と感じました。

 

制作する中でモノクロであり新聞だからこそ、印刷されてみないとわからないこともありました。

 

それは……

 

ページの一部をお借りする形になるので、

 

・新聞全体で見たときのテキストサイズのバランスは取れているか?

・色の濃淡は他の記事の見出しと比べて薄すぎないか?

 

ということです。

 

カラーの制作物とはまた違った難しさがありましたが、更に自分のデザインの幅が広がって嬉しくなりました。

 

どんなことでもまずはチャレンジ

広告掲載のお話を伺った時は初めてということもあり、うまくデザインできるかわからないと、少し不安な気持ちがありました。

 

でも、どんなことでもまずはやってみることが大事なんだと改めて気づかされました。

 

人間はどんどん成長していける生き物です。

これから自分に制限をかけずに成長していきます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

入社2ヶ月弱の社員から見た弊社の特徴

執筆者:荻野徹典

はじめまして。

株式会社マーケティング・エッセンシャルズの荻野徹典と申します。

 

よく萩野(はぎの)さんと間違えられますが、荻野(おぎの)です。ぜひこれを機に、両者の違いを覚えていただけたらと思います。今日一番お伝えしたいのはこの点なのですが、よろしければこの後も読んでいただけると嬉しいです。

 

さて、タイトルにも書かせていただいたように、私は令和3年の2月からこちらで働いております。まだまだひよっ子です。

f:id:ME20170808:20210324144324j:plainそんな私から見て、この会社の特徴だと感じている部分をご紹介していきたいと思います。

 

特徴①ローカルビジネスの味方!

まず思い浮かぶのが、明確なミッションをもとにお仕事をしているという点です。

そのミッションとは、簡単に言うとローカルビジネスを支えることを通じて、地域に貢献するということです。

f:id:ME20170808:20210324144951j:plain

これには、治療院や士業、クリニックや歯科医院などに代表される「ローカルビジネス」では、なかなか社内にWeb担当の人員を抱えることができず、結果Webをうまくビジネスに活かせていない方が多い、という背景があります。

弊社はそういった事業の方々へのサポートを通じて、地域に貢献することを目指しているわけです。

 

これは、入社前に私が感銘を受けたことでもあります。Webをやっている会社が「地域に貢献する」という想いを明言しているのは、とてもステキだなと感じたものです。

 

この考え方に魅力を感じて入社した部分もありますから、今後私もお仕事をする上で大切にしていきます。

 

特徴②「本質」を大事にしている

次に特徴的だと感じているのが、とにかく「本質」を大事にしているということです。

f:id:ME20170808:20210324145321j:plain

普段の社内での会話や会議でも、頻繁に「本質」という言葉が出てきます。これは、メンバーの仕事への姿勢の表れだと私は考えています。

目先の利益にとらわれずお客様にとって本当に良いことを仕事として提供する。こういった考えが社内に浸透しているのを強く感じます。

 

社名に「エッセンシャル(日本語で”本質的な”)」を掲げているので、本質を追求することは当然といえば当然なのかもしれません。

しかし、ビジネスにおいてこれを実践することは簡単なことではありません。会社の経営状況が悪くなれば、「目先の売上や利益を求めよう」という誘惑に襲われることも大いにありえるからです。

 

そうした中でも「本質」を大事にするという「覚悟」がこの会社にはあるのだと感じています。自分もこの覚悟を持って、常に本質を大事にした仕事をしていけるよう、成長していきたいと思います。

 

 

まだまだ語りきれない弊社の特徴ですが、今後も他のスタッフのブログから、いろいろな部分が語られていくことかと思います。ぜひ今後もお付き合いくださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました!

働き始めて得た気づき

執筆者:永井隼

こんにちは。

昨年の12月からアルバイトとしてマーケティング・エッセンシャルズにジョインさせて頂いている、永井隼です。

f:id:ME20170808:20210323201418p:plain

上流の仕事がしたい、将来独立するためにスキルを身に着けたい、スキルを身につけて成長したいという思いで働き始めました。

しかし、そのような浅はかな考えでは、うまく行くはずもありませんでした。

スキルとは仕事をしていく上での最低限出来なければいけないことです。スキルはある前提で、お客様目線で突き抜けられるか、ということがいかに重要であるかを思い知らされました。当初はそのような考え方を理解することも難しかったです……

スキル以前に重要な事

スキル以前に大事なことが3つあると考えています。

①信用
②自責精神
③信念・想い

①信用

f:id:ME20170808:20210323202155j:plain

当初、自分は報連相が全く出来ていませんでした。「スキルさえあれば仕事を任せてもらえる」と考えていました。信用のない人間がお客様の前に立ち「コンサル寄りの仕事」「経営的な仕事」が出来るはずもありません。

スキル以前に、当たり前の事を当たり前にこなし、信用を獲得することが重要である事に気が付きました。信頼を獲得することでコミュニケーションも円滑になり、結果的に仕事もしやすくなります。

当たり前のことですが、意外と出来ていない人が多いのです。まずは、しつこいと思われるくらい徹底的に報連相をこなしていきたいと思います。

②自責精神

f:id:ME20170808:20210323202127j:plain

仕事を始めた頃は分からない事も多く、とりあえずやってみて確認してもらう、という流れで仕事をしていました。確認してもらえるという安心感から、いつまでたっても中途半端な仕事をしていました。いざ、仕事を任せられるとダメ出しの嵐でした。

責任感を持ち、100%の仕事することで、より質の高いフィードバックを受け取ることが出来ます。その結果、成長速度も速くなると感じました。

ミスを恐れず、どんどんアウトプットしていきたいと思います。

 

③信念・想い

f:id:ME20170808:20210323202103p:plain

強い信念・強い想いをもつことで、自身の事業に対して愛が生まれ、結果としてより良いサービスを提供できると感じました。ビジネスを楽しんだり、愛情を注いで本気で取り組んでいる人間に、お金の目当ての人間がかなうはずもありません。

強い想いや信念を持ち、人々を巻き込みたいと考えています。

 

まとめ

本日、はじめてスタッフブログを書きました。
自分の考えを話すのもよいですが、書くとより考えが整理されるということに気づきました。

これからも、考えや想いをつぶやいていきたいと思った1日でした。



伊藤、認定SEOコンサルタントになるってよ。

執筆者:伊藤大輝

こんにちは。

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ(ME)の伊藤大輝です。

 

3月より約3ヶ月をかけて勉強し、

全日本SEO協会が認定しているSEOコンサルタントになることを決めました。

 

これまでは東京か大阪で講義を受ける必要があったようですが、

今はVimeoでのオンライン学習が可能になったみたいです。

 

f:id:ME20170808:20210322175454p:plain

オンラインでの学習について

SEOコンサルタントの話をする前に、少し余談を。

オンライン学習は良いですね。

好きなときに学習できますし、聞き逃したところは巻き戻して、何度も復習できますし。

 

ただ、自分のペースで進められるぶん強制力がないので、自分で「資格を取ろう」とか「受験しよう」という意志力を持っていないと学習が続かないと思います。そのため、「自分でやる!!」と決めた人以外には不向きかもしれません。

ある意味、挑戦することで自分の本気度を測れると思います。

f:id:ME20170808:20210322175849j:plain

学ぶのはコンサルタントになるための知識ではなく……

本題のSEOコンサルタントの話です。

てっきり、講座ではSEOコンサルタントになるための知識を教えてもらえると思ってしましたが……

 

違いましたね。

 

実際には、SEOコンサルタントになった時に

・どうすれば長く契約してくれるのか?

・人(クライアント)に動いてもらうにはどうしたらよいか?

・コンサルタントとして、作業を代行してはいけない。その理由はわかるか?

こんな感じの問いからスタートしました。

 

まだ、始まったばかりですが、SEOについて教えてくれるというよりは

コンサルタントとしての在り方を教えてもらっています。

たしかに、SEOの知識があったところで、仕事を取れるかどうかは別の話ですからね。

 

具体的には、コンサルタントとしては大事なことは「小さな成功の積み重ね」だと教えてもらいました。

小さくても成功していかないと、継続して契約してくれない……

 

たしかに。

「コンサルタント」って、名乗ってしまえば今日からでもなれてしまうような肩書きですもんね。継続ができてこそ、本当のコンサルタントになれるのだと思います。

 

ここで1つ、SEOについても共有

とはいえ、認定SEOコンサルタントになるために勉強中の私なので、

自分のためにも、学んだことをここで1つアウトプット。

 

Googleのコアアップデートで検索順位を決める要因はなにか?

f:id:ME20170808:20210322180951p:plain

もし、誰かに聞かれたら、この5つの定義を教えてあげてください。

 

1 クエリとの関連性があるかどうか

2 トラフィック(アクセス=人気度)

3 ユーザーエンゲージメント(ユーザとの繋がり)が高い

4 被リンク(信頼性の証)

5 内部要因

 

今はこの5つが検索を決める要因です。

極論ですが、SEOは昨日まで正しかったことが、今日には犯罪になることもありますからね。今後もコアアップデートの動向に気を配る必要があります。

 

また、どちらかというとSEOはサイエンスではなく、アートだと教えてもらいました。

※アートオブSEOという書籍があるくらいなので。

 

f:id:ME20170808:20210322181400p:plain

というわけで、これからSEOコンサルタントとなるべく勉強していく中での気づきや

経験を、定期的に発信していこうと思います。

 

本日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

毎週月曜は全体朝礼デー

執筆者:代表取締役 栃本常善

f:id:ME20170808:20210318163430j:plain

 

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ代表の栃本常善です。

f:id:ME20170808:20210318163512j:plain
弊社マーケティングエッセンシャルズのスタッフブログを始めることにしました。

 

このスタッフブログでは、主に私たちのことを知ってくれている顧客、クライアントの方に向けて発信していこうと考えています。

 

なぜかというと、なかなか普通にお仕事をしているだけでは弊社の裏側を知ってもらうことができないからです。

 

f:id:ME20170808:20210318164236j:plain

例えば、どんな取り組みをしていて、なぜその取り組みをしようと思ったのか?という背景や社内の雰囲気、どんなスタッフがいて、そのスタッフたちが何を考えて仕事をしているのか?ということも知ってもらった方がいいんじゃないかと思ったわけです。

 

何を買うか?よりも誰から買うか?

f:id:ME20170808:20210318164307j:plain

これからの時代、というか現代はすでに「何を買うか?」よりも「誰から買うか?」の時代に突入しています。そんな時代には、背景情報やストーリーを伝えていかないと差別化はおろか、そもそも商品・サービスを利用してもらうことすらできなくなっていきます。

 

こういったことをクライアントの方に熱弁する前に、まずは「率先垂範」。自らがそれを実践し、その実践による経験値をもとに伝えた方がより影響力を持つことができるので、まずは自分たちが実践しようということです。

私は会社を立ち上げた当初から、率先垂範をテーマにしてきました。というか自然とそうなってました。やはり、何を知っているか?よりも何をやってきたか?でその人の深みが大きく変わると私は思います。

 

どれだけの知識、情報を得ようが、結局は実践した人が強いです。

 

本当のインプット、アウトプットとは?

f:id:ME20170808:20210318164331j:plain

だからこそ、本当のインプットというのは、「実践すること」だということです。

 

そして、実践し、失敗経験というこの世で「最も質の高いインプット」を得ることで、その後失敗を乗り越えて成功した経験を、今後は自分のノウハウとして別の人に教えること(これこそ真のアウトプット)ができれば、人は本当に成長するんだと思います。

 

要は、あとはこのサイクルの繰り返しですよね。

 

今回のスタッフブログは、一つの成功体験を積み上げるための一つのステップだと私は考えています。

 

f:id:ME20170808:20210318164349j:plain

クライアントに情報発信をしましょう!といくら言っても、自分たちが実際に実践していなければ、相手の苦労や悩み、何につまずいて続かなくなるのか?といった相手の立場を理解できなくなってしまいます。

今後ともスタッフブログにて、弊社社内の雰囲気や取り組み、スタッフ一人ひとりのキャラクターなんかも知っていただけたらと思います。

 

今後ともどうぞよろしくお願いします!

 

株式会社マーケティング・エッセンシャルズ 代表取締役 栃本常善